豊胸 web〜豊胸手術でバストアップへの道〜

豊胸術  

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

陥没乳頭形成

陥没乳頭とは? 

乳頭が陥没している状態をいいます。

刺激や吸引によっても、出てこない重度の陥没から、乳頭に刺激を与えると容易に出てくる程度の軽いものまで、状態は様々です。

軽度の陥没の場合、乳頭周辺部の皮膚が盛り上がっていて、中心部のみが陥没している状態がほとんどです。

重度の陥没の場合、乳管束とよばれる組織が、乳頭を強くひっぱっているために起こっています。

重度の場合は、手術が必要となります。あまりに重度の場合は、手術でも完全に引っ張り出すことは難しいようです。

陥没乳頭は、

授乳の際に、赤ちゃんが吸い付けない。乳頭周囲炎を起こしやすい。

という欠点があります。

手術方法としては、

乳管を切らずに乳管周囲を剥離し、皮膚を形成することで引っ張り出す。

乳管を切離し、乳頭を引っ張り出す。

の2通りの方法が用いられます。

前者の方法が多く用いられますが、さらにそれぞれの状態によって、詳細な手術が施されます。

手術後の状態は、

感覚は鈍くなるなどの心配はほとんどないようです。傷跡も、目立ちにくいところでもあり、ほとんどわからなくなります。

引っ張り出した部分を押しつけないように、少なくても1〜2ヶ月は気をつける必要があります。

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

▲ページTOPへ


乳房に関することイロイロ |  乳房の病気について |  豊胸効果のあるマッサージ&エクササイズ |  豊胸効果のあるサプリメント&食品 |  自分でできる豊胸方法 |  豊胸術 |  管理人の豊胸体験談 |  サイト管理人について |  運営者情報 |  トップページ | 

Copyright(c) 2006-2011 豊胸web All rights reserved.