豊胸 web〜豊胸手術でバストアップへの道〜

豊胸効果のあるサプリメント&食品  

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

プエラリアミリフィカ

タイを中心とする山岳地の極限られた地域に育つマメ科の植物で、

女性の美容と健康、バストアップ効果が期待できます。

女性ホルモン(エストロゲン) とよく似た働きをする15種類のイソフラボンの中でも

一番強いエストロゲン作用をを持っているといわれているプエラリンという成分を含んでいます。

また、プエラリアはバストアップだけでなく更年期障害の改善や美肌効果も期待できます。

▲ページTOPへ

マカ

南米ペルーのアンデス山脈の高地で育つ栄養価の高いアブラナ科の植物です。

アンデスの人々にとっては、疲労回復や滋養強壮として用いられてきたようです。

マカには、豊富な鉄分等のミネラル、ビタミン、たんぱく質、カルシウムや植物性ステロールが含まれています。

植物性ステロールはホルモンバランスや自律神経の働きを整えたり、

血中のコレステロールを下げる効果と共に、美肌やバストアップ効果も期待できます。

▲ページTOPへ

ブラックホシュ

北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草です。

インディアンに発見されたといわれています。 

リウマチの痛みや炎症、月経痛や更年期障害などの婦人科系の疾患に効くとされ、古くから、北米先住民たちに使用されてきました。

女性ホルモンの働きを助けるサプリメントとして知られており、トリテルペン配糖体、イソフラボン、 アルカノイドなどの成分を含んでいます。

乳がんや子宮ガンの予防などにも役立つハーブだとされています。

また、バストアップや美肌効果も期待できます。

▲ページTOPへ

アミノ酸

人間の身体の細胞、ホルモン、酵素などを形成する栄養素です。

筋肉や皮膚、内臓、脳、血液などを作るタンパク質の最小分子で、体内で作られる非必須アミノ酸と、食事から補給しなければならない必須アミノ酸が合わせて20種類ほどあります。

アミノ酸には体脂肪を燃焼させるもの、基礎代謝を高めるために必要な筋肉を作るもの、水分代謝を活発にしてむくみを取るものなど、種類に応じて様々な特徴を持っています。

定期的に補給することによって、美肌効果や疲労回復効果が得られます。

バストの発育のためにも欠かせない栄養素です。

食べ物のうまみ成分でもあり、発酵食品に多く含まれます。

脂肪の燃焼や、代謝の活性化にも関与しているといわれています。

▲ページTOPへ

ビタミンA

粘膜の維持に欠かせないビタミンです。 

皮膚や粘膜を丈夫にし、バストの皮膚の張りとツヤを保ってくれます。

視力の低下を防ぐ役目を果たしてくれます。

ビタミンAを多く含む食品は、

肝油、レバー(鶏、牛、豚)、バター、卵黄、うなぎ 、チーズ、トウモロコシ、大豆、緑黄色野菜(カボチャ、モロヘイヤ、ほうれん草、人参、トマトなど)

油で炒めると吸収率がさらにアップします。

ただし、あまり摂りすぎると「過剰症」になり、身体に悪影響を及ぼす場合もありますので要注意です。

▲ページTOPへ

ビタミンE

抗酸化作用があり、老化予防の役割を果たしてくれるビタミンです。

女性ホルモンのバランスを整え、血行を良くし、「エストロゲン」を活性化する作用があります。

美しい乳房を作り、乳房の若さを保つために、欠かせないビタミンのひとつです。

主なビタミンE含有食品は、

アーモンド、クルミ、卵黄、レタス、かぼちゃ、緑茶、ピーナツ、すじこ、たらこ、ニンニクなど。

日頃からの、積極的な摂取を、心がけましょう♪

▲ページTOPへ

ビタミンC

美しい乳房を維持するために不可欠なビタミンのひとつです。

抗酸化作用があり、肌のしみやしわ、老化を予防し、乳房のハリを保ちバストアップをサポートする作用があります。

また、ビタミンEを還元する作用もあり、ビタミンEとを併用することで、ビタミンEの効果をさらに増強します。

ストレスや、タバコに含まれる成分によって、壊れやすくなるので、、喫煙者や、ストレスが多い方は、多めに摂取するとよいみたいです。

主なビタミンC含有食品

ブロッコリー、イチゴ、レモン、ピーマン、柿、大根、ホウレンソウ、カリフラワー、サヤエンドウ、キャベツ、柑橘系の果物、サツマイモなど。

▲ページTOPへ

ビタミンB群

ハリのある豊かなバストを作るために欠かせないビタミンのひとつです。

ビタミンB郡には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、ビチオン、葉酸、リポ酸という、9種類のビタミンが存在します。

全て、発育に欠かせないビタミンとして、成長を促進する作用があり、乳房の発育にも大きく関与するといえるでしょう。



主な含有食品

肉、レバー、卵、緑黄色野菜など

水溶性で、水に溶けやすく熱にも弱いため、調理の際には、過熱しすぎず、切ってから水にさらしたり、ゆですぎたりしないように心がけましょう。

過剰に摂取しても体外に排出されますので、摂りすぎても特に問題はないようです。

▲ページTOPへ

必須ミネラル

必須ミネラルは、鉱物のことで、身体機能の調節や保持のために、欠かせない栄養素です。

豊かでハリのある胸を作るためのサポートの役目も果たしてくれます。

主な必須ミネラルには、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・塩素・リン・マンガン・銅・亜鉛・鉄・セレン・コバルト・ヨウ素などがあります。

人体は95パーセントが有機物(酸素・炭素・水素・窒素)で、残りの5パーセントが無機物、必須ミネラルで構成されています。

▲ページTOPへ

亜鉛

亜鉛は、健康維持のために必要不可欠な、必須ミネラルのひとつです。

新陳代謝を高め、老化を防止し、女性ホルモンの働きをサポートし、美肌や豊かな胸を作るためにも大切なミネラルです。

不足すると、味覚障害をはじめ、記憶力低下・肌荒れ・新陳代謝の低下など様々な悪影響を及ぼします。

亜鉛を多く摂取すると、情緒を安定させ、免疫力を高め、女性ホルモンの分泌が促進されます。

主な亜鉛含有食品

牡蠣、豚レバー、鶏レバー 、米ぬか、うなぎ 、豚もも肉 、牛もも肉 、、ホタテ 、アーモンド、納豆 、高野豆腐 などなど。

クエン酸やビタミンCとともに摂取すると、吸収力がアップします。

▲ページTOPへ

ザクロ

ザクロは、中近東やペルシャが原産国の、真紅のルビーをイメージさせる鮮やかな赤色をした果実です。

ザクロには女性ホルモンのひとつである、人間のエストロゲンと同じ分子構造を持つ成分が含まれており、

人体になじみやすく

美しく豊かな乳房を作るためにも欠かせないエキスのひとつでもあります。

エストロゲンは、卵巣や子宮、膣など女性の生殖器を発育させる働きがあり、思春期には乳腺を発達させ、女性らしい体を作るために大切なホルモンです。

また、肌の弾力を取り戻す、肌のきめを整える、などの美肌効果も期待できます。

▲ページTOPへ

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、働き蜂がごく少量分泌する、乳白色のクリーム状の物質です。

女王蜂のための特別な食べ物でもあります。

独特の香りと舌をさすような酸味があり、甘さはほとんどありません。

ローヤルゼリーの成分には、多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸が含まれます。

ローヤルゼリーは、約66%もの水分と残りの半分をタンパク質、三分の一が糖質、他脂質、ビタミン、ミネラルなどで構成され、高タンパクで様々な栄養素を含んでいます。

ローヤルゼリーには、自律神経の働きを調節する効果があります。更年期の不快感を緩和する作用があり、更年期障害によって起こる不定愁訴の症状をや性機能の改善にも有効とされています。

美肌効果もあり、美しく豊かな乳房を作るためにも大切なな成分です。

▲ページTOPへ

イソフラボン

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。 ダイゼイン、ゲニステインをはじめ、15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれています。

エストロゲン(女性ホルモン)と同様の作用があり、骨粗鬆症、更年期障害の改善に効果があります。

また、美肌効果や、美しく豊かなバストのためにも大切な成分です。

大豆加工食品の中では、味噌が最も吸収率の高いイソフラボンを含んでいるという研究報告もあります。 お味噌汁を積極的に摂るように心がけましょう♪

ただし、過剰摂取は避けてくださいね。

▲ページTOPへ

コラーゲン

コラーゲンは、動物の体中にもっとも多く含まれるタンパク質で、全タンパク質の20〜30%を占めています。

その40%が皮膚に、20%が骨や軟骨に含まれ、その他は、血管、内臓などにに含まれています。

また、細胞同士をくっつける接着剤のような役目を果たしています。このほかにも、細胞の増殖や器官の形成、傷口の治りを早くする、などの生体活動にも大きな影響を与えていることがわかってきています。

美肌効果や、健康維持に欠かせない栄養素とされ、バストにハリを持たせたり、豊胸のためにも欠かせない栄養素のひとつです。



主なコラーゲン含有食品

あなご、うなぎ、鯖、さんま、どじょう、ふかひれ、ふぐ、ぶり、あわび、魚のアラ、なまこ、すっぽん、鶏手羽先、鶏肉、豚足、軟骨、豚肉、マトンなどなど。 

▲ページTOPへ

ワイルドヤム

北米の中西部から東部、ラテンアメリカ、アジアに自生する蔓性の植物です。

日本では、野生ヤマイモという名前で呼ばれています。

一定の土壌や気候でしか育たず、非常に希少価値の高い素材で、

女性ホルモンと似たような作用が、プエラリア・ミリフィカの数十倍あるといわれており、女性の健康ためのハーブとしても注目されています。

女性ホルモン(エストロゲン)を抽出する原料で、経口避妊薬やホルモン剤を作る上でも不可欠な成分となっています。

月経困難や神経痛・リュウマチの治療にも効果があるといわれています。

最近では、バストアップ用サプリメントなどにも多く含まれています。



▲ページTOPへ

ボロン

「ホウ素」の一種であり、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」を2倍に活性化(血中のエストロゲンの一種であるエストラジオールの濃度を高める)させることが、アメリカの農務省の研究で報告されています

エストロゲンの分泌を高めてくれるので、バストアップや美肌効果も期待ができます。

果物、野菜(特にキャベツ)、海草などに多く含まれています。

巨乳・美乳で有名な女性アイドルが、ボロンが多く含まれるキャベツを論毎日食べて、胸が大きくなったという噂から、がぜん注目されるようになった成分のようです。

▲ページTOPへ

プラセンタ

プラセンタとは胎盤のことを意味し、

臓器の機能が不十分な胎児のために、機能の一部を代行する臓器です。

大人になってからも胎盤は、プラセンタエキスとなり、

生活習慣の中で生じる「歪み」や「故障」などの修復・再生のために大きな役割を果たしてくれます。

プラセンタエキスには、アミノ酸、コラーゲン、ビタミン、ミネラル、ヒアルロ酸など、様々な美容にとって有効な成分が含まれています。

肌を健康にし、美白する効果があるだけでなく、乳房にハリを持たせたり、バストアップなどの効果も大いに期待できるサプリメントのひとつのようです。

▲ページTOPへ

プロテイン

プロテインは、タンパク質そのものを意味するのですが、日本では、たんぱく質を主成分とするサプリメントの総称として用いられる場合が多いようです。 

プロテインサプリメントは、栄養補助食品として、主に、筋肉を維持または増強する目的で摂取されています。

動物性プロテインと植物性プロテインとがあり、またその中でも様々な種類があり、それぞれ消化吸収のスピードが違います。

その中で、女性向けのプロテインは、主にイソフラボンを含有する大豆が、主な原料のようです。

豊胸(バストアップ)効果や、美しくハリのある乳房を保つために必要の成分が集結されたバスト専用プロテインなども多数取り揃えられているようです。

▲ページTOPへ

ガウクルア

タイ国の北部、チェンマイ地方で採取される豆科の植物です。 

タイの名門校であるチュラロンコン大学のウィチャイ準教授の8年がかりの研究によって、豊胸効果があることが発見されました。

   豊胸効果のほかにも、美肌、若返り、生理不順、増毛、更年期障害の改善、乳汁分泌促進などにも効きめがあるようです。(更に、男性自身の機能回復、精力増進にも効果があるらしいですよ^^。)

ウィチャイ教授の臨床実験によると、20歳から45歳までの女性に投与したところ、80%以上が2週間で4cm以上のバストアップ、塗布用クリーム使用で、実に、90%以上の女性に効果が現れたそうですよ!!

  主成分は、ガウクルアから抽出した、イソフラボン誘導体によって構成されており、副作用も無く安全な成分のようです。

イソフラボン誘導体は、乳房組織の代謝機能に働きかけ、美しく理想的なバスト作りのためにも有効です。

▲ページTOPへ

コロハ

古来から、豊胸効果があるとされているハーブです。 

ハーレムの女性も利用したといわれている、マメ科の一年生草木の一種で、別名フェヌグリークとも称されています。

現代でも、研究により、乳房細胞の成長を促進する効果や、老化予防、抗酸化作用などが認められています。

主に、中国の安徽(あんき)省、河南(かなん)省、四川(しせん)省などで栽培されています。

エジプト、ギリシャ、ローマ時代から薬用とされていたようです。

特有な芳香を放つので、香辛料としても重宝されています。

▲ページTOPへ

乳製品

チーズ  

血や筋肉を作り、女性ホルモンの働きを促進する、良質のたんぱく質を多く含んでいます。

豊かでハリのあるバスト作りのために大いに効果的です。

ヨーグルト

乳酸菌を多く含んでいるので、悪玉菌を減らし腸の健康を守ってくれます。

新陳代謝を活発にし、老化を防止し、豊胸(バストアップ)や、美容、ダイエットにも最適の食品といえるでしょう。

牛乳

皮膚の老化を防ぎ、肌を美しくする効果が期待できます。

牛乳に含まれるアミノ酸は、豊胸(バストアップ)には、必要不可欠栄養素として注目を浴びています。

バター

乳脂肪をはじめ、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど、

豊胸(バストアップ)に必要な成分が豊富に含まれています。

中でも、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAが多く含まれているので、美肌効果も期待できます。

色々な野菜と合わせて摂ると効果的です。

ただし摂りすぎると肥満を招く恐れもありますので、摂取量に注意しましょう。

▲ページTOPへ

魚介類その1

魚介類には、豊胸(バストアップ)にとって大切な栄養素の1つである、たんぱく質が豊富に含まれています。

8種類の必須アミノ酸をバランスよく含み、血液や筋肉を作り、女性ホルモンの分泌にも関与しています。

マグロ

マグロに含まれている栄養素の1つ、ビタミンEは、抗酸化作用があり、乳房の肌を美しく保つためにも欠かせない栄養素です。

豊胸(バストアップ)に有効なアミノ酸も多く含まれています。

うなぎ

良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEやカルシウム、鉄分などがバランスよく含まれています。

特に、ビタミンAと同じ作用をするレチノールも豊富に含まれ、これは、カボチャなどに含まれる植物性カロテンの実に7倍もの働きをしてくれるということです。

皮膚や粘膜などの組織にも働き、豊胸(バストアップ)や美肌に、理想的な食材です。



赤身に、アスタキサンチンという活性酸素を取り除く成分が豊富に含まれています。

ビタミンAも豊富に含まれていますので、美容やバストアップに効果的であるといえるでしょう。

また、コンドロイチン硫酸・コラーゲン・アミノ酸・ヒアルロン酸を含有しているマリンコンドロイチン酸などの、鮭の抽出成分や鮭の白子から抽出される成分やなどは、バストアップサプリメントの成分として使用されています。

牡蠣

グリコーゲン、タウリン、8種類の必須アミノ酸をはじめ、18種類のアミノ酸を含んだ良質のたんぱく質、カルシウム、リン、亜鉛、鉄そしてビタミンEなどの良質なミネラルやビタミンを含んでいます。

特に亜鉛は、豊胸(バストアップ)に欠かせない女性ホルモンを促進する作用があります。

生牡蠣に酢やレモンをかけて食べると、亜鉛の体内吸収率がアップします。

▲ページTOPへ

肉類・卵

肉類 

豊胸(バストアップ)に必要な栄養素の1つである、たんぱく質が豊富に含まれています。

血液や筋肉を作り、ホルモンの分泌などにも関与します。

ただし、肉類には、脂肪も多くまれていますので、摂りすぎには注意が必要です。

脂身の少ないお肉(鶏のささみ、胸肉など)を選んだり、野菜や植物性たんぱく質とのバランスを考えて摂取しましょう。



ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、鉄、たんぱく質などがバランスよく含まれている、いわゆる完全食品です。

昔から滋養強壮のために重宝されてきました。

美肌、老化防止をはじめ、様々な健康効果が期待され、

理想のバスト作りにも欠かせない食品といえます。

▲ページTOPへ

魚介類その2

カレイ 

ビタミンB1や、ビタミンD、ナイアシンなど、豊胸(バストアップ)に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

また、脂質も少ないので(100グラム中2グラム程度)ダイエットにも理想的です。

カレイのヒレの付け根にあるエンガワは、コラーゲンも豊富に含んでいます。

たらこ

スケトウダラの卵で、豊胸(バストアップ)に効果的なビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンEが豊富に含まれています。

その中でも、皮膚の若返りや美肌効果をもたらせてくれるビタミンEが豊富に含まれています。

また、女性ホルモンの分泌にも関与し、皮膚の代謝を高めます。

すじこ

サケやマスの卵を、卵巣のまま取り出して、塩漬けにしたものです。

(ちなみに、卵を卵巣から取り出して、1粒づつバラバラにして、塩や醤油でつけたものがを「イクラ」です。)

ビタミンB2やビタミンEが、たくさん含まれています。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保ち、細胞の再生を助けるので、乳房の発育に欠かせないビタミンです。

また、ビタミンEは、豊胸(バストアップ)に欠かせない女性ホルモンの働きを整えてくれます。

肩こりや冷え性などにも効果的ですよ。

いわし

豊胸(バストアップ)に効果のある、良質なたんぱく質が、たくさん含まれています。

また、いわしに含まれる成分のひとつビタミンB6は、豊胸(バストアップ)に大きく関与する女性ホルモン、エストロゲンの代謝に欠かせない栄養素でもあります。

▲ページTOPへ

大豆製品

大豆食品は、女性ホルモンと同じような働きをする植物性エストロゲンが含まれていて、豊胸(バストアップ)に大変有効的な食材の一つです。

豊胸(バストアップ)効果のほかにも、美肌肌効果も期待できます。

大豆を利用した主な食品は、

・納豆・豆腐・油揚げ・醤油・みそ・湯葉・おから・テンペ・きなこ

などなどです。 

日頃から積極に摂るように心がけましょう。

納豆

大豆は、そのままでは、体内に吸収されにくい傾向があります。

その点、納豆は、納豆菌によって大豆イソフラボンが分解されやすくなり、体内で効率よく吸収されるという特徴を持っています。

納豆は、豊胸(バストアップ)に有効な成分を体内に効率よく吸収させることができる優れた食材といえるでしょう。生理不順や冷え性、骨粗鬆症にも効果を発揮します。

ただし、納豆には、ビタミンCとビタミンAが含まれていませんので、それを補うために、ネギを刻んで入れたり、他の野菜といっしょに摂取されるとよいでしょう。



豆乳

お豆腐を作る過程の中でできる、大豆をすりつぶして絞った汁です。

高たんぱくで、低コレステロールのため、健康食材・美容食材として重宝されています。

更年期障害、骨粗しょう症などの、改善や予防効果も期待できます。

豊胸(バストアップ)効果に加え、乳房にハリを持たせてくれ、美肌にも大変有効です。

▲ページTOPへ

緑黄色野菜

緑黄色野菜は、

ベータカロチンを多く含む(100g 中に 600 マイクログラム程度)野菜で、その名の通り、緑や黄色、赤など色の濃いのが特徴です。

ベータカロチン(カロテン)は、体内で、ビタミンAに変化します。

ビタミンAは、肌の健康維持、身体の発育を促進する作用があり、豊胸(バストアップ)効果も充分に期待できます。

美容と健康のためにも、日頃から積極的な摂取を心がけましょう♪

主な緑黄色野菜

かぼちゃ、ほうれん草、ニンジン、トマト、春菊、グリーンアスパラガス、小松菜、ピーマン、オクラ、ブロッコリー、にら、モロヘイヤ、大根の葉

などなど

▲ページTOPへ

緑黄色野菜その2  

かぼちゃ 

豊胸(バストアップ)に欠かせないビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンAは、肌に潤いを与えてくれて若々しい肌を保ちます。

ビタミンCは、抗酸化作用などがあり、しみやにきびなどの予防にも有効です。

ビタミンEは、血行をよくし新陳代謝を促進する作用がありますので、ハリのある美しいバストのために大変有効です。

体内の余分な水分を取り除く作用もあり、むくみにも効果的です。

にんじん

体内でビタミンAに変わるベータカロチンが豊富に含まれています。

ビタミンAは、皮膚や粘膜など正常に保つ働きがあり、ハリのある美しいバストを作るために欠かせないビタミンのひとつです。

また疲れ目にもよいんですよ。

生のままより、油といっしょに加熱することで吸収されやすくなります。 

ほうれん草

カロチンやビタミンC、鉄分が豊富に含まれています。

豊胸(バストアップ)のほか、貧血や風邪の予防、がん予防にも効果的です。

また、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする「イソフラボン誘導体」という成分も含まれています。

この成分は、植物性エストロゲンとも呼ばれており、美しく若々しいバストを保つために効果的です。

炒め物、揚げ物など、油と一緒に摂取するとビタミンAの吸収が良くなります。

なお、ビタミンCは、熱に弱いので、おひたしをする場合、ゆですぎない(1分以内)ようにするのがコツです。

▲ページTOPへ

緑黄色野菜その3

モロヘイヤ

エジプト原産の野菜で、ベータカロチン、ビタミンB郡、鉄、カルシウムやカリウムが豊富に含まれており、豊胸(バストアップ)効果が期待できる食材の1つです。

食物繊維も豊富で、便秘解消やダイエットにも有効です。

トマト

ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2,ビタミンCのほかに、鉄分、カルシウム、カリウム、ミネラルなどを含み、栄養価のとても高い緑黄色野菜です。

豊胸(バストアップ)にも、とてもよい食材です。

トマトに含まれるリコピンは、優れた抗酸化能力を持ち、これはビタミンEの約100倍ともいわれています。

リコピンには美白効果もあるので、白く美しいバスト作りのためにも欠かせない食材ですね。

ニラ

ユリ科ネギ属の多年草です。

豊胸(バストアップ)に大変有効的な成分である、ベータカロチン、ビタミンAビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでいます。

さらに、アリシンも含まれ、ビタミンB1と結合し、吸収力をアップさせます。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもよいですね♪

▲ページTOPへ

海藻類

海苔

豊胸(バストアップ)に有効な成分である、ビタミン、カロチンが豊富に含まれています。

特に、カロチンの含有量が多いです。

ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、ナイアシンも、普通の野菜に比べて豊富(約10倍から100倍)に含まれています。

気軽に取り入れることができるので、他の食材との栄養バランスを考えながら、積極的にメニュー取り入れて、豊胸(バストアップ)や美肌を目指しましょう♪

ひじき

豊胸(バストアップ)に有効的な成分であるビタミンAを豊富に含んでいます。

ビタミンB群の合成に関与する食物繊維も豊富で、大豆、肉、魚などのタンパク質と一緒に摂るとさらにパワーアップします。

また、カルシウム(牛乳の約12倍の含有率)やミネラルも豊富に含まれています。

さらに、豊胸(バストアップ)に大変有効な成分であるボロンも含まれています。

長時間、水につけすぎると、有効成分が流出してしまいますので、気をつけてくださいね。

わかめ

カルシウム、カリウム、ヨウ素、ビタミンA、ビタミンB2やビタミンVを豊富に含んでいます。

豊胸(バストアップ)に大変有効な成分であるボロンも含まれています。

お味噌汁やサラダなど。手軽に食事に取り入れることができますので、おすすめの食材です。

▲ページTOPへ

淡色野菜

キャベツ

某女性アイドルが写真集発売の記者会見で「キャベツでBからDカップになりました」 という発言が、一時期かなり話題になり、がぜん注目された野菜です。

巨乳成分と噂されている、ボロンという栄養素が豊富に含まれています。

「ボロン」は「ホウ素」の一種であり、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」を活性化させる作用は、アメリカの農務省でも立証済みだそうです。

また、食物繊維も豊富に含まれていますので、お腹回りがスッキリするので、

ウエストとバストの差がハッキリし、メリハリにより豊かな胸に見える効果という効果も期待できますね。

とうもろこし

糖質が多く、ビタミン、ミネラルなどの豊胸(バストアップ)に有効な成分がバランスよく含まれています。

また、粒の白い部分には、コーン油になる脂肪分や、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンEなどを含んでいて、コレステロールを下げる効果などもあるようです。

にんにく

ユリ科ねぎ属の多年草です。

たんぱく質や糖質、リン、ナトリウム、ビタミンB1などが豊富に含まれていて、豊胸(バストアップ)効果が期待できる食材のひとつです。

また、アリシンというにんにく独特の匂いのある成分は、殺菌、血行促進、疲労回復、老化防止、精神安定など、様々な健康効果があります。

ただし、空腹時の大量摂取は、胃に負担がかかるのでご注意ください。

▲ページTOPへ

豆類

ピーナッツ 

実と渋皮の両方に、美容・健康に有効的な成分が含まれています。

渋皮の部分には、レスベラトロール(ポリフェノールの一種)が含まれていて、心臓病や生活習慣病の予防に効果的です。

実の部分には、健康によい、オレイン酸・レシチン・ナイアシンなどが含まれています。

豊胸(バストアップ)に大変有効的な成分ボロンも含まれています。

一説によります、ボロンは、胸の脂肪だけを増やしてくれるといううれしい効果もあるようであす。

便秘に効果的な食物繊維、オリゴ糖も含まれています。

ピスタチオ

3千〜4千年前から、トルコやペルシャなどの地中海沿岸地方で食用に栽培されたそうです。

うるし科の落葉樹で、現在ではイランが生産国の第一位です。

ビタミンAからビタミンB6、マグネシウム、鉄、動、リン、カリウム、亜鉛といった

豊胸(バストアップ)のために効果を発揮する成分が豊富に含まれています。

サヤインゲン

インゲンマメ、マメ科の一年草です。

ビタミンB群がバランスよく含まれており、カリウム、カロチン、食物繊維を豊富に含んでいるので、豊胸(バストアップ)のほかに、美肌や便秘にも効果が期待できます。

手軽に調理に使用できる食材ですので、積極的にメニューに取り入れましょう。

B1、B2は熱に弱いうえ、水に流れてしまう性質があるので、加熱しすぎや、水につけすぎたりしないようにしましょう。

カロチンは油で調理すると吸収率がアップします。

▲ページTOPへ

お茶

緑茶 

カテキンやビタミンC、クロロフィルなど、健康によい栄養素がバランスよく含まれています

酸化作用があり、肌を美しく潔に保つ果があり、美しいバストを維持するのにも有効です。

豊胸(バストトアップ)を目的としたサプリメントにも、緑茶抽出物が使用されていることからも、その優れた効果が実証されています^^。

シモン茶

体内の不純物を取り除いたり、脂肪分を溶解し排出するなど、体内浄化作用があります。

また、インスリン分泌を促進する働きがあり、血糖値をコントロールすることができます。

ダイエットに優れた効果を示すことで話題になりましたが、豊胸(バストアップ)にも大変有効な成分が含まれています。

コラーゲンの生成に関与し、お肌の健康のためにもおすすめのお茶です。

▲ページTOPへ

果物

果物は、種類も豊富で、含有成分も種類によって違ってきます。

しかし、果物の多くは、豊胸(バストアップ)に欠かせない女性ホルモンと似た作用をする植物性エストロゲンをはじめ、ミネラルやビタミンCなども含まれています。

豊胸(バストアップ)効果もさることながら、美容、健康のために大変よい食材といえるでしょう。

そのままで手軽に食べられるのも、うれしいですね^^。

バナナ

豊胸(バストアップ)に大変効果的な果物のひとつです。

バナナには、熟していく過程ごとに、それぞれの効果があります。

○青いバナナ

便秘に良いとされており、ダイエットや美肌効果も期待できます。

○黄色のバナナ

通常の状態です。

カリウムやマグネシウムが豊富に含まれており、血行を促進します。

○熟したバナナ

熟してきてシュガースポットといわれる黒い点のようなものが出てきた状態です。

免疫力強化の効果が期待できます。

牛乳、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に摂取すると、さらに栄養素のバランスがよくなります。

常温で保存しましょう。冷蔵庫へ入れると変色してしまいます。

柑橘類

みかん、レモン、オレンジなどの柑橘類には

美容や豊胸(バストアップ)にも有効な、クエン酸やビタミンCが豊富に含まれています。

柑橘類から抽出された成分は、バストアップサプリメントなどにも多く含まれています。

手軽に食事に取り入れて、ビタミンCをはじめ、美容によい成分摂取できますので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。



豊胸(バストアップ)に有効とされる、良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが豊富に含まれています。

また、渋皮には、タンニンと呼ばれる抗酸化物質が含まれており、ガン予防にも効果的です。

食物繊維も多く含まれているので、ダイエットや便秘対策にも理想的な果物です。

さくらんぼ

バラ科サクラ属の落葉高木です。またの名を桜桃とも呼ばれています。

日本では、さくらんぼの産地として山形県が有名です。

有機酸、ブドウ糖や鉄分を多く含み、疲労回復や美容などに効果があるといわれています。

鉄分も多く含まれています。

また、体を温める作用があり、むくみ解消や、気管支炎の消炎、食欲不振改善など健康にも有効です。

豊胸(バストアップ)や美しい肌作りにも、理想的な食材のひとつです。

プラム

中国が原産地の、バラ科サクラ属の落葉小高木です。

日本では「すもも」と呼ばれています。

豊胸(バストアップ)にも有効な、ビタミン類やリンゴ酸などが豊富に含まれています。

ドライフルーツのプルーンもプラムの一種で、鉄分をたいへん多く含んでいます。

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

▲ページTOPへ


乳房に関することイロイロ |  乳房の病気について |  豊胸効果のあるマッサージ&エクササイズ |  豊胸効果のあるサプリメント&食品 |  自分でできる豊胸方法 |  豊胸術 |  管理人の豊胸体験談 |  サイト管理人について |  運営者情報 |  トップページ | 

Copyright(c) 2006-2011 豊胸web All rights reserved.