豊胸 web〜豊胸手術でバストアップへの道〜

乳房の病気について  

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

乳がんとは

乳がんは、乳腺にできるがんです。 

なんと、女性30人に1人の割合で、乳がんにかかっています。恐ろしいですね。

最近とみに増加傾向にあるようです。何と、20年前と比べて、死亡率、死亡者数ともに4倍に増加しているそうですよ。

食生活の欧米化(高たんぱく質、高脂肪、高エネルギー)やライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)などが影響しているといわれています。

乳がんは、内臓にできる他のがんとは違い、からだの表面近くにできるため、しこりに気づくことで、自分で発見できる唯一のがんです。

そして、乳がんは早期発見・早期治療による効果が非常に高いがんです。

しこりの小さい段階で発見・治療ができれば、5年生存率は95%以上になっています。

早期発見のためにも、定期検診やセルフチェックをぜひ習慣にしたいですね。

以下のような場合は要注意

○ 乳房にしこりがある

○ 乳房がへこんでいる

○ 乳房がひきつっている

○ 乳首から血の混じった分泌液が出る

以上のような症状に気がつい場合、迷わず、すぐ婦人科か乳腺外科で検査をしてもらいましょう。

現在異常がなくても、以下の項目にあてはまる場合、発がん率が高いといわれていますので、

日ごろのセルフチェックを入念に行いましょう。

・12歳以前に初経を迎えた。

・30歳以上で出産、授乳経験がない。

・高齢出産の経験がある

・授乳経験が少ない。

・動物性脂肪やたんぱく質の多い食事をしている。

・母親、姉妹、娘が乳がんにかかったことがある。

・乳腺の病気にかかったことがある。

・良性のしこりが何度かできたことがある。

▲ページTOPへ

乳腺症とは

乳腺症

30〜40代に多く、特に月経周期が不規則だったり、無排卵性月経の人、出産経験のない人に発症しやすい傾向があるようです。

女性ホルモンのバランスの崩れが原因で、乳房分泌組織が増殖を起こすために起こると考えられています。

主な症状

乳腺全体が張ったようなしこりとなり、鈍く痛みます。

乳頭から透明な分泌物や血性の分泌物が出る場合もあるようです。 他の病気と見分けるため、医師の診察が必要です。

特に治療の必要はないようです。

規則正しい生活をすることを心がけましょう。

硬いカップのブラジャーで乳房を固定して、痛みを和らげる方法があります。

痛みが激しい場合は、男性ホルモンや黄体ホルモンを投与などの方法が用いられます。

▲ページTOPへ

乳腺線維腺腫とは

乳腺線維腺腫 

乳腺にできる良性の腫瘍。20〜30代半ばの女性に多く見られ、原因はまだ解明されていないようです。

主な症状

かたいしこりが1個できます。痛みがなく、コリコリと動きます。

乳がんと見分けるため、医師の診断が必要です。

しこりが小さいなら治療の必要はありません。

あまり大きい場合は、手術で切除しますが、通院ですむ簡単な手術です。

▲ページTOPへ

乳腺炎とは

乳腺炎

乳腺とその周辺の炎症です。主に授乳中に、乳頭から細菌に感染して起こります。

主な症状

授乳時に痛みをともないますが、授乳をやめると乳汁が溜まり、さらに痛みは激しくなります。赤くなったり、熱が出たり、膿のかたまりが出る場合もあります。

授乳をストップし、お医者さんに診察してもらい、抗生物質などを用いて治療します。

乳汁がたまっている時は、マッサージでほぐしたり、乳汁の吸引を行います。

場合によっては切開して取り除くこともあるようです。

▲ページTOPへ

高プロラクチン血症とは

高プロラクチン血症 

乳汁を出すのに関与するプロラクチンというホルモンが分泌され、出産もしていないのに母乳が出る病気です。

特定の薬(精神、神経症状に効果を持つ薬の一部や、降圧剤の一部、胃腸薬の一部)を常用している場合や、脳の下垂体に腫瘍がある場合に多く見られます。

主な症状

出産していないのに乳汁が出ます。月経不順や無月経になる場合もあるようです。

下垂体に腫瘍がある場合は、脳外科で手術をしたり、薬でプロラクチンの分泌を抑えて治療します。

【豊胸】固定費効果測定用プログラム

▲ページTOPへ


乳房に関することイロイロ |  乳房の病気について |  豊胸効果のあるマッサージ&エクササイズ |  豊胸効果のあるサプリメント&食品 |  自分でできる豊胸方法 |  豊胸術 |  管理人の豊胸体験談 |  サイト管理人について |  運営者情報 |  トップページ | 

Copyright(c) 2006-2011 豊胸web All rights reserved.